健康用語WEB事典

至適pH(optimum pH)

酵素が最も効率的に触媒として働くpHのこと。最適pHとも呼ばれる。至適温度と共に酵素の活性を決定する要因となる。*1

酵素の活性には種々のアミノ酸の解離性原子団が関与しており、それらの原子団の解離がpHによって変化するため触媒の効果も変化する。

酵素至適pHから大きく外れた環境に置かれると、その酵素を構成するタンパク質変性して酵素としての活性を失う場合がある。

植物や菌類の育成環境について言う場合もある。

タグ: 酵素 化学 触媒 pH アミノ酸 原子団 タンパク質

*1福岡大学理学部機能生物化学研究室 酵素の化学: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/biochem5.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


至適pHに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-10-11 (月) 06:12:56