舌扁桃(lingual tonsil)

扁桃のひとつ。の付け根に存在するリンパ組織の総称。リンパ濾胞の集団が粘膜固有層を埋め尽くし、上皮を押し上げたもの。

舌根には直径3~5 mmの類円形の扁平な高まりが多数存在し、高まりと高まりの間は溝となって陥没している。この高まりおよび溝の上皮下には高度に発達したリンパ組織が存在し、全体として舌扁桃と呼ばれる。*1

*1神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 学内研究成果 】 リンパ組織とリンパ性器官: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/jintai1/T007.pdf

舌扁桃に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-18 (木) 15:45:13