健康用語WEB事典

色素体(plastid)

植物の細胞が持つ細胞小器官プラスチドとも呼ばれる。シアノバクテリアの共生を起源とするため、独自のゲノムを持ち自立的に分裂する。

代表的な色素体は、チラコイド膜を発達させて光合成を行う葉緑体である。光合成を行わない部位では白色体と呼ばれる色素体となる。*1

分化のものは原色素体と呼ばれる。

*1葉緑体の発達制御と器官分化/和田・小林研究室: http://hajimewada.c.u-tokyo.ac.jp/Research/Research_Greening.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


色素体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:20