花粉症

花粉(主に風で運ばれる風媒花粉)がアレルゲンとなるⅠ型アレルギー

花粉粘膜内に入ると、樹状細胞に取り込まれて抗原に分解され、それに対するIgEが生み出される。IgEマスト細胞好塩基球に接着して免疫となる。

再度花粉が侵入してきた時、これらの細胞ヒスタミンロイコトリエンを産生することによってに症状が現れる。*1

花粉症のなりやすさは遺伝する。

花粉症の症状

部位症状
くしゃみ鼻閉鼻汁、かゆみ
浮腫、異物感、充血、目やに、かゆみ
違和感、喘鳴、かゆみ
その他頭痛発熱、倦怠感、不眠

晴れた日中の風の強い日に症状が強くなりやすい。

花粉症の診断

抗原特異的IgE抗体測定法(REST、MAST、CAP)などの検査。

また、鼻汁に含まれる好酸球の増加が見られる。

*1ナツメ社 埼玉医科大学リウマチ膠原病院 教授 三村俊英 基礎からわかる免疫学

花粉症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:21