芳香族化合物(aromatic compounds, arenes)

分子構造中にベンゼン環を代表とする環式構造を含み、独特の芳香を持つ化合物。単に芳香族とも呼ばれる。最初に発見された芳香族化合物はベンゼン

化学的には環式構造内に4n+2個のπ電子を持つ化合物*1

ベンゼン環をもつ化合物は、全て芳香族化合物に分類することができ、トルエンフェノールアニリンなどがこれにあたる。また、ベンゼン環を複数持つ化合物も芳香族化合物であり、ナフタレンアントラセンなどがこれにあたる。*2

*1愛媛大学工学部応用化学科 構造有機化学研究室 芳香族性http://www.misaki-lab.jp/pdf/lecture/tokuron_H25/4th_aromaticity.pdf
*2芳香族化合物 | 生物分子科学科 | 東邦大学: http://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/chem/aromatic_compound.html

芳香族化合物に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-03-27 (火) 21:35:14