健康用語WEB事典

芳香族炭化水素受容体(aryl hydrocarbon receptor : AhR)

ほとんどの細胞組織発現する転写因子のひとつ。アリール炭化水素受容体とも。*1

ダイオキシン受容体として知られる。通常はHSP90AIPp23などと結合して細胞質に存在する。ダイオキシンと結合すると細胞核に移動し、ARNTヘテロ二量体を形成して遺伝子に影響を与える。*2*3

Th17細胞Treg細胞分化Th1細胞/Th2細胞分化バランスを調整していることが報告されている。*4

*1ダイオキシン毒性とその分子標的の解明 遠山千春 東京大学医学系研究科疾患生命工学センター健康環境医工学部門: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjh/69/1/69_1/_pdf
*2愛知学院大学薬学部薬用資源学講座 和漢薬由来核内受容体 Aryl hydrocarbon Receptor (AhR) リガンドの探索研究: http://www.inm.u-toyama.ac.jp/jp/collabo/h24_download/report/24_18.pdf
*3環境化学物質の毒性メカニズム - 生物が持つダイオキシンの「受容体」- | 東洋大学 入試情報サイト: http://www.toyo.ac.jp/nyushi/column/video-lecture/20180207_03.html
*4自然免疫応答の制御における Ahr の役割を解明 (岸本教授らが J. Exp. Med. に掲載) | News & Topics | 大阪大学免疫学フロンティア研究センター: http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/jpn/research/20090910-0241.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


芳香族炭化水素受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-29 (木) 09:02:38