健康用語WEB事典

若年性特発性関節炎(juvenile idiopathic arthritis : JIA)

16歳未満で発症し、6週間以上持続する原因不明の関節炎小児リウマチ性疾患の中でもっとも頻度の高いとされる。スティル病とも。成人で似た症状を呈する疾患は成人スティル病と呼ばれる。*1*2

発熱発疹関節炎を特徴とする全身型と、リウマトイド因子陽性で成人の関節リウマチに似た症状を呈する関節型に分けられる。

全身型の皮疹関節痛発熱に伴って現れ、解熱とともに消失するという特徴がある。

関節型では関節軟骨が破壊され、関節の変形が起こる恐れがある。

*1若年性特発性関節炎(juvenile idiopathic arthritis: JIA)|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000716.html
*2東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター 若年性特発性関節炎(JIA): http://www.twmu.ac.jp/IOR/diagnosis/jia/jia/jia.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


若年性特発性関節炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-02 (土) 18:41:04