莢膜(capsule)

細菌の外側に存在し、その細菌を守る膜。多くは多糖体で構成される。*1

莢膜を構成する多糖類の種類によって異なり、その違いによって病原性にも差が現れる。*2

細菌は外界からの攻撃に備えて菌体多糖、いわゆる莢膜多糖を発達させています。特に病原では免疫系からの回避が重要で、このため特に生体糖鎖と良く似た構造の多糖を生産しています。*3

莢膜を持つ細菌に対しては、莢膜に特異的なIgG抗体を誘導し、オプソニン作用によるマクロファージ好中球による貪食が効果的とされる。*4

*1微生物学講義録 前国立感染症研究所長 吉倉廣 第3章 細菌の構造: http://plaza.umin.ac.jp/~jsv/microbiology/main_003.htm
*2菌の「究極の隠れ蓑」の謎を解明|論文解説|研究と業績|大阪市立大学 大学院医学研究科 細菌学: http://www.med.osaka-cu.ac.jp/bacteriology/research_achievements/explanation-20160106.shtml
*3細菌莢膜多糖の遺伝生化学的研究 - 研究テーマ|教員情報: http://www.ishikawa-pu.ac.jp/staff/theme/251/
*4公立大学法人 福島県立医科大学 第14〜15回 T細胞を介する免疫系: https://www.fmu.ac.jp/cms/immunol/kogi/2015/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%94%EF%BD%9E%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%9B%9E%E3%80%80%EF%BC%B4%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%82%92%E4%BB%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B3%BB.pdf

莢膜に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-01-18 (金) 07:48:10