健康用語WEB事典

菌血症(bacteremia)

感染部位およびリンパ節において細菌などの病原体の排除に失敗し、血液中に病原体が存在するようになった状態。免疫が低下している状態で起こりやすい。*1

傷口などから侵入した病原体は、その場で排除されないとリンパ節に進行する。リンパ節免疫反応が起こるとリンパ節が腫れる。リンパ節においても病原体が排除できなかった場合に、それらが血液中に侵入する。*2

この血液中に侵入した病原体の排除にも失敗して悪化すると敗血症となる。

*1【お口のマメ知識】菌血症とは? 感染予防が、歯科治療では大切です! — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/feature/2017/mame_vol8
*2西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bgi

ご意見・ご要望をお聞かせください。


菌血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-02-17 (日) 11:23:30