健康用語WEB事典

薬疹(drug eruption)

医薬品によって現れる皮疹皮膚紅斑蕁麻疹、発赤、糜爛(爛れ)などの症状。

原因はアレルギー反応であり、医薬品の使用直後ではなく、数日以上経ってから症状が現れる場合がある。

薬疹はⅣ型アレルギーによって生じる事が多く,薬剤の使用開始から感作されるまで4~5日以上の日数を要する.中には10年以上使用していた薬剤でも突然感作され薬疹を生じる事がある.... 薬剤投与から発症までの時間と臨床症状から,Ⅰ型アレルギーⅣ型アレルギーかを推定する.Ⅰ型アレルギーの場合は,原因薬剤の投与後数分から 2~3時間で蕁麻疹アナフィラキシーが発症する.Ⅳ型アレルギーの場合は,薬剤投与後半日から2~3 日後に発症し,湿疹様の皮疹が左右対側に生じる事が多い.*1

*1薬疹の診断と治療 ―重症型薬疹への対応― 藤本和久 日本医科大学皮膚科学: http://www2.nms.ac.jp/jmanms/pdf/002020103.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


薬疹に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-21 (火) 08:14:27