健康用語WEB事典

虫歯(cavity)

虫歯菌が作る酸によってエナメル質に穴が開き、象牙質歯髄が侵食されたのこと。う蝕カリエスとも呼ばれる。

虫歯は進行度合いによって5段階に分類される。 Cカリエスの頭文字である。

虫歯の段階虫歯の状態
C0穴が開く前の初期段階
C1エナメル質にだけ穴が開いた状態。削って詰める必要あり。
C2エナメル質を突き破り象牙質に達した状態。がしみるなどの症状が現れる。
C3歯髄に達した状態。酷く痛む。
C4歯髄が壊死し、歯根に達した状態。放置するとに侵食する。

虫歯の予防

虫歯の原因となる主な虫歯菌ミュータンス菌であるため、その増殖や酸の生成を防ぐものが虫歯の予防に効果的である。(ミュータンス菌を参照)

口腔が強い酸性状態になると、エナメル質が溶けやすくなるため、酸性度の強い食品を長時間口の中にとどまらせないことも重要である。口内のpHが5.5以下になるとエナメル質が溶け出す脱灰が起こるとされる。

A pH level lower than 5.5 puts a person at risk for tooth erosion, which is a process that wears away the enamel (or protective outside layer) of teeth. "The higher the pH level is above 5.5, the lower the chance of developing cavities," explains Vipul Yadav, MDS, lead author of the study.*1

ハードタイプのチーズが含むリン酸カルシウムには、を保護する働きがあることが確認されている。

中でも水分が少なく熟成期間の長いハードタイプのチーズは、むし歯のリスクを低くする食品としてWHO(世界保健機関)が認めています。これは、チーズの中にリン酸カルシウムが多く含まれていることによります。リン酸だ液酸性状態(の表面が溶けてむし歯になる状態)に傾くのを防ぎます。またカルシウムだ液に多く供給されると、の表面が少し溶けても再び硬い質に戻る(再石灰化)のを助けます。*2

実際に、牛乳と無ヨーグルトチーズを食べた時のpHを調べた研究では、チーズを食べた場合のみ内のpHが上昇し、の中が酸性になるのを防ぐことが確認されている。*3

*1Cheese may prevent cavities: https://www.sciencedaily.com/releases/2013/06/130605130118.htm
*2大阪府歯科医師会 -歯の学校-: http://www.oda.or.jp/qa/answer02.html
*3Cheese may prevent cavities

ご意見・ご要望をお聞かせください。


虫歯に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-08 (木) 10:54:42