虫歯菌

口腔に生息し、糖質発酵してエナメル質を溶かす乳酸など)やプラーク歯垢)を発生させる細菌。代表的な虫歯菌はミュータンス菌

グルコーススクロースマルトースが利用される。*1

バイオフィルムと呼ばれるの集合体を形成してプラークとなる。この虫歯菌がバイオフィルムを形成するときの酵素は、高耐熱性樹脂の生産など工業的な利用が検討されている。*2

虫歯菌は動物の種類によって異なり、祖先が肉食の動物には虫歯菌はいない。*3

*1口腔レンサ球菌によるデンプンからの酸産生とアミラーゼ阻害剤による影響 ([相澤志津子]): 2008|書誌詳細|国立国会図書館サーチ: http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009619426-00
*2〔2016年7月28日リリース〕虫歯菌の酵素からポリエチレンテレフタレートやナイロンを越える高耐熱性樹脂の開発に成功 | 2016年度 プレスリリース一覧 | プレスリリース | 広報・社会連携 | 大学案内 | 国立大学法人 東京農工大学: http://www.tuat.ac.jp/outline/disclosure/pressrelease/2016/20160728_01.html
*3歯はどうして痛くなる?:虫歯菌と歯周病菌/日本大学松戸歯学部付属病院: http://www.mascat.nihon-u.ac.jp/hospital/feature/02_q03.html

虫歯菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-03-25 (日) 18:44:01