健康用語WEB事典

虹彩(iris)

角膜水晶体の間にある薄膜。カメラの絞りに相当し、目に入る光の量を調節する。虹彩の中央には瞳孔がある。*1

虹彩の色はメラニンの量で決まる。メラニンが多い順に茶色、褐色、オレンジ色、黄色、緑色、灰色、青色となる。先天性白皮症アルビノ)の場合は赤色となる。*2

*1ウィズダムブック社 矢作徹 2009年版 近視レーザー手術ガイドブック(2008/12/25)
*2PHP研究所 竹内薫 丸山篤史 白くて眠れなくなる遺伝子(2016/1/5)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


虹彩に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:24