健康用語WEB事典

蜂窩織炎(phlegmon)

歯性感染症などの細菌感染において見られる、皮下組織炎症が広範囲に広がった状態。蜂巣炎とも。*1*2

炎症病巣が限局せず広範囲に広がって浮腫をおこし組織が粗鬆になっている状態です。この場合の炎症は組織隙と呼ばれる密度の低い組織の隙間を通じ広範囲に及んでいます。底や部に多く見られます。*3

犬咬傷が原因となる場合がある。*4

*1FORTH|お役立ち情報|ここに注意!海外渡航にあたって|痒い!痛い!皮膚の異常: https://www.forth.go.jp/useful/attention/25.html
*2神戸大学医学部附属病院 楠だより: http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/consultation/pdf/letter_vol18.pdf
*3歯性感染症|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000217.html
*4ikor: 犬咬傷後の蜂窩織炎による手背皮膚欠損の一例: http://ir.cc.sapmed.ac.jp/dspace/handle/123456789/3277

ご意見・ご要望をお聞かせください。


蜂窩織炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-01-19 (土) 16:11:19