血圧(blood pressure)

血液血管の壁を押す力。血液の量と血管の太さによって変化する。一般的には動脈の血圧のことを指す。

単位はmmHg。130mmHgは、水銀を130mm押し上げる圧力であり、水に換算すると177cm程度押し上げる力である。*1

血圧は睡眠中の深夜に最も低くなり、起床後少しずつ上昇する。起床後の朝に最も血圧は高くなる。

腎臓病などでは、夜間も血圧が下がらない現象が見られる。

生理的な血圧日内リズムでは,入眠後の血圧は日中平均値よりも10―20%低下し,dipper 型血圧リズムと定義される.生理的な夜間降圧が阻害される現象は,non-dipper 型血圧リズムと定義され,CKD をはじめとする様々な病態において生じ得る.*2

最高血圧最低血圧が正常値であるかどうかで心血管病の傾向があるかどうかを調べられる。最低血圧が高いと、以下の症状が起こりやすくなる。

最低血圧110mmHgを超えるような場合は降圧剤内服治療?が必要。

血圧が基準値より高くなる症状を高血圧といい、様々な疾患の原因となる。

血圧の正常値

家庭では診察室と比べてリラックスしている状態のため、正常値の範囲が低くなる。

家庭

診察室

*1技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*2食塩感受性・腎内レニン―アンジオテンシン(RA)系・交感神経系を意識した降圧療法: http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/igak.dir/P123-134_hukuda.pdf

血圧に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:25