血小板膜糖タンパク質(platelet membrane glycoproteins)

血小板細胞表面に存在する複数種類の糖タンパク質*1

血小板は,血小板膜糖蛋白質GPⅠb受容体を介してvWFと,あるいはGPⅥインテグリンなどの受容体を介してコラーゲンと直接結合し,血管内皮細胞組織に粘着凝集する.... GPⅡb/Ⅲa受容体には vWFフィブリノゲン,別の血小板が結合し,血小板同士がさらに凝集し,止血栓を大きくする.*2

*1山口大学大学院医学系研究科病態検査学分野(病態検査学) 岡野こずえ 血小板に魅せられて: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ymj/64/1/64_5/_article/-char/ja/
*2抗血栓療法中の区域麻酔・神経ブロック:総論 止血機構: https://www.jspc.gr.jp/Contents/public/pdf/shi-guide07_07.pdf

血小板膜糖タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 14:39:32