血液凝固(blood coagulation)

止血などの際に起こる、血液が固まること現象。複数の血液凝固因子が連鎖的に反応するによって起こる。

血液凝固は、各種の凝固因子が連鎖的に反応して、Ⅱ因子であるプロトロンビントロンビンに変換し、可溶性のフィブリノゲンⅠ因子)が不溶性のフィブリンに転換する反応である。*1

*1国立大学法人 岡山大学 可溶性フィブリンモノマー複合体定量, SFMC: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/gyouko/sfmc.htm

血液凝固に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 06:58:33