血管作動性腸管ペプチド(vasoactive intestinal peptide : VIP)

28個のアミノ酸からなる、副交感神経から分泌される神経ペプチド血管作動性ペプチドとも。

血管平滑筋には強力な拡張作用を示し、気道平滑筋には強力な弛緩作用を示す。*1

小腸上皮幹細胞近辺の間葉系細胞直下に存在する。小腸上皮幹細胞ニッチ細胞であるパネート細胞がその受容体発現している。*2

*1北海道大学遺伝子病制御研究所 Neuropeptide signaling through neurokinin-1 and neurokinin-2 receptors augments antigen presentation by human dendritic cells.: http://www.igm.hokudai.ac.jp/old/public/20150912.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 腸幹細胞動員における神経系シグナルの関与の検討:幹細胞分化可視化マウスを用いて (KAKENHI-PROJECT-23590953): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23590953/23590953

血管作動性腸管ペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-15 (金) 16:46:01