血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(angioimmunoblastic T-cell lymphoma : AITL)

T細胞リンパ腫のひとつ。全身リンパ節腫大肝脾腫発熱多クローン性高γ-グロブリン血症?など多様な症状を呈することが知られている。*1

RhoA変異によって、それがコードするタンパク質の17番目のアミノ酸グリシンからバリン変異していることが報告されている。*2

*1血管免疫芽球型T細胞リンパ腫(AITL)の一例 愛知医科大学附属病院 中央臨床検査部 臨床検査医学: http://www.fujita-hu.ac.jp/~hnagashi/public5/euc/html/022.html
*2筑波大学 京都大学 あるタイプの悪性リンパ腫に特異的な遺伝子変異の発見 早期診断法と新規治療薬の開発に期待: http://www.md.tsukuba.ac.jp/gradmed/topics/pdf/140117_sakata.pdf

血管免疫芽球性T細胞リンパ腫に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-13 (日) 15:25:16