表在感覚(superficial sensation)

体性感覚のひとつ。体表面の皮膚粘膜にある受容器に刺激が加わることによって起こる感覚表面感覚皮膚感覚とも。*1*2*3

表在感覚に関わる機械受容器には、メルケル盤マイスナー小体ルフィニ小体パチニ小体がある。*4

加齢に伴うの底や母趾の表在感覚の低下が転倒や躓きの原因のひとつになると考えられている。*5

表在感覚の種類

*1中部学院大学 三上研究室 体性感覚野の体部位局在: http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/29-6/index-29-6.html
*2奈良県立医科大学 生理学第一講座 体性感覚とは: http://www.naramed-u.ac.jp/~1phy/6.24.pdf
*3国立大学法人 東京医科歯科大学 21.体性表面感覚Ⅰ 機械受容性感覚: http://www.tmd.ac.jp/med/phy1/ptext/somat_1.html
*4関西理学療法 感覚障害に対する運動療法の考え方: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jkpt/14/0/14_33/_article/-char/ja/
*5健常者の足底母趾表在感覚,複合感覚の推移と大腿骨頸部骨折患者との比較: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2008/0/2008_0_A3P3057/_article/-char/ja/

表在感覚に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-25 (土) 14:11:35