健康用語WEB事典

視交叉上核(suprachiasmatic nucleus : SCN)

視交叉の直上に位置する視床下部の一部。片側に約一万個の小型の神経細胞が集合して形成される、左右一対の直径が0.5mmの神経核体内時計の中枢。*1*2*3

網膜で感知した光刺激は網膜視床下部路を介して視交叉上核に直接伝わる。これによって日の光による体内時計の調節を行う。この伝達はグルタミン酸神経伝達物質とする。その他にはセロトニン受容体の存在が確認されている。

視交叉上核のみを他のの部位から切り離して培養しても、その神経細胞は数ヶ月に渡って一定のリズム振動を生み出すことから、視交叉上核自身が一定のリズムを刻む仕組みを備えているとされる。*4

視交叉上核の腹外側部は、網膜縫線核膝間小葉?から神経投射を受け、概日リズムのリセットに必要な刺激を外部から受ける。

*1金沢大学 統合神経生理学 Department of Integrative Neurophysiology, Kanazawa University: http://neurophysiol.w3.kanazawa-u.ac.jp/research.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 視交叉上核から室傍核領域への時刻情報伝達機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-25860181): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25860181/
*3シリーズ 新しい内分泌現象 ニューロメジンSとその多様な機能: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nl2008jsce/37/142/37_142_124/_pdf
*4京都大学 溝曽路祥孝 視交叉上核における概日時計の時刻調節システムの研究: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/188737/1/gykkk00026.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


視交叉上核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-01 (土) 10:44:51