視床上部(epithalamus)

間脳の後上部。手綱?松果体の総称。

視床上部(Epithalamus)はヒトでは退化的で、これに属する構造物としては、松果体(Corpus pineale s. Epiphysis)と手綱?(Habenula)および手綱三角?(Trigonum habenulae)が識別されるのみである。*1

*1慶應義塾大学医学部解剖学教室内 船戸和弥 間脳の外景: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy16b-3-1.html

視床上部に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-01 (金) 08:44:52