視床下核(subthalamic nucleus : STN)

大脳基底核の主要な入力部のひとつ。腹側視床に含まれる。

視床下核が破壊によってバリスム、逆に視床下核の亢進によってパーキンソン病の発症が報告されている。*1

大脳基底核ハイパー直接路間接路は、視床下核を経由して淡蒼球内節黒質網様部の広い領域を興奮させる。*2

*1我慢をする脳内メカニズム 視床下核の新たな機能を探る 生理学研究所: http://www.nips.ac.jp/research/seminar/2014/04/post-148.html
*2生理学研究所 総合生理研究系 生体システム研究部門: http://www.nips.ac.jp/sysnp/ganglia.html

視床下核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-08-29 (水) 11:06:40