健康用語WEB事典

角栓(keratotic plug)

皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質毛穴中で凝固・発達したもの。角栓の主成分はタンパク質。角栓が毛穴を塞ぐことでにきび白にきび)の原因となる。また、角栓が発達して毛穴を開くことが毛穴立つ原因となると考えられている。*1*2*3

角栓の中に毛幹や、内毛根鞘のマーカーとして知られているトリコヒアリンの存在が確認されていることから、角栓の形成に毛包が関わることが示唆されている。

また、皮膚中に活性の強い男性ホルモンジヒドロテストステロン)が多く存在すると角栓や毛穴が目立つが、活性の弱い男性ホルモンデヒドロエピアンドロステロン)が多いと目立たないという知見から、男性ホルモンの活性化を抑制することで角栓の形成を抑制できる可能性が報告されている。

*1日本化粧品技術者会誌 ザクロ発酵液の毛穴の目立ち改善効果: https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/51/1/51_27/_article/-char/ja/
*2自治医科大学 形成外科学部門 トレチノインによるにきび治療: https://www.jichi.ac.jp/keisei/tre-hq/tre_nikibi.html
*3にきび(尋常性ざ瘡)|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000299.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


角栓に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-04 (水) 09:29:02