角質層(stratum corneum)

皮膚表皮の最外部を守る層。角層とも。

細胞死して細胞核を失ったケラチノサイト角化細胞)と、その周りを満たすセラミドを中心とした脂質脂質ラメラ)から構成される。病原体の侵入を防ぐと同時に、体内の水分を保持して乾燥を防ぐ役割を持つ。*1*2*3

表皮中の細胞であるケラチノサイト分化して顆粒層を経て角層が形成される。角層の厚さは場所によるがおおよそ 20 μm 程度である。面の皮は結構薄い。のかかとでは相当厚い。*4

角質層は硫黄に富むケラチンタンパク質によって短波長の紫外線を散乱・吸収する性質を持つ。これによって真皮上層まで到達する320nm以下の紫外線量は大幅に減少する。*5

*1脂肪酸の多彩な代謝,生理機能と関連疾患 木原章雄: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/82-07-03.pdf
*2北海道大学大学院薬学研究院 生化学研究室 木原章雄 スフィンゴ脂質関連遺伝子の同定と皮膚セラミド: https://www.pharm.hokudai.ac.jp/seika/researches/1.html
*3皮膚顆粒層に特異的に発現する内在性レトロウイルス型アスパラギン酸プロテアーゼSASPaseが角質層水分量の調節を行う事を発見 Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University: http://www.tmd.ac.jp/mri/press/press13/
*4皮膚角層の構造研究の現状と目標 八田一郎 高輝度光科学研究センター 名古屋産業科学研究所: https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/12/1/12_25/_article/-char/ja/
*5日焼け止めの科学 浅野新: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsssj1980/15/7/15_7_473/_article/-char/ja/

角質層に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-16 (月) 14:42:27