健康用語WEB事典

象牙質(dentin)

エナメル質の内側にあり、歯髄を取り囲んでいる組織

象牙質を構成する物質は、70%がリン酸カルシウムハイドロキシアパタイト)で、コラーゲンが約20%、水分が約10%である。*1

象牙質の中には象牙細管?があり、その中には象牙質を生成する象牙芽細胞の突起が入っている。象牙質が削られると象牙芽細胞が一度死に、新たな象牙芽細胞が生まれて修復象牙質が形成される。*2

*1筑波大学 歯の解剖学 国家試験対策ウェブページ: http://www.deaf-s.tsukuba.ac.jp/sigika/anatomy/04sishusosiki/02zouge.html
*2世界初! 歯が修復されるメカニズムを解明 修復象牙質形成の必須因子の発見: http://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2016/07/280704.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


象牙質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-06 (金) 15:20:58