貪食(phagocytosis)

食作用ファゴサイトーシスとも呼ばれる。

白血球が持つ、食細胞細胞の死骸などの固形物を取り込む作用。*1

取り込みにはアクチンが関係し、取込まれると食胞ができる。

*1食作用 | 生物分子科学科 | 東邦大学: http://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/bio/phagocytosis.html

貪食に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:35