健康用語WEB事典

赤核(red nucleus)

中脳被蓋の中、中脳黒質の背側に隣接して左右に2個存在する卵円形の大きい神経核を豊富に含むことから赤色であり、その名前の由来となった。*1*2

赤核上部は小型神経細胞で構成されることから小細胞赤核とも呼ばれる。

*1東京女子医科大学医学部病理学(病態神経科学分野) 柴田教授夜話(第 18 回)「赤核にまつわる話」2015年4月14日: http://www.twmu.ac.jp/Basic/patho1/yawa018.pdf
*2(三)Mesencephalon(中脳)Mesencephalon, Midbrain: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy16b-1-2-3.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


赤核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-21 (月) 10:10:44