赤脾髄(red pulp)

脾臓の一部。マクロファージなど食作用を持つ細胞が存在し、病原体の除去や古くなった赤血球を処理する。*1*2

また、抗体を産生する形質細胞も出現する。

*1技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bg

赤脾髄に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-04-17 (水) 10:48:54