健康用語WEB事典

超可変領域(hypervariable region : HVR)

抗体V領域可変領域)の中でも多様性に富む領域。VHに3ヶ所、VLに3ヶ所の計6ヶ所が存在する。エピトープに相補的な構造を有するため相補性決定領域とも呼ばれる。*1*2

超可変領域βシート構造(フレームワーク領域)に隣接してループ構造をとり、6本のループ構造により抗原に相補的な結合部位を形成する。*3

*1触媒機能を有する抗体タンパク質 大阪府立大学大学院理学系研究科 助手 円谷健: http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~fujii/oldsite/staff/tsumuraya/cat_antibody.pdf
*2熊本大学大学院生命科学研究部・教育部 蛋白質・核酸・酵素 T細胞に抗原を認識させる主要組織適合抗原の構造と機能: http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/immunoge/frame/PNE.pdf
*3触媒機能を有する抗体タンパク質 大阪府立大学大学院理学系研究科 助手 円谷健: http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~fujii/oldsite/staff/tsumuraya/cat_antibody.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


超可変領域に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 13:56:20