健康用語WEB事典

輸送小胞(transport vesicle)

細胞内で物質の輸送を行うために利用される小胞。直径50〜100nm。*1

細胞小器官同士が細胞内でタンパク質を輸送する際などに利用される。

タンパク質細胞内輸送は、主に輸送小胞を介して行われます。例えば分泌タンパク質液胞内のタンパク質は、小胞体フォールディング(折り畳み)や糖鎖付加などの修飾を受けた後、輸送小胞中に集められ、ゴルジ体へ運ばれます。ゴルジ体で更なる糖鎖付加やプロセッシングなどの修飾を受けたのち、分泌タンパク質液胞タンパク質は別々の輸送小胞中に集められ、それぞれ細胞膜または液胞へと運ばれます。*2

輸送小胞による輸送は、細胞の極性を決定する要因となる。これにはエンドソーム後期エンドソーム)による膜小胞が重要な役割を持つことが知られている。

また、ミトコンドリアは2枚の生体膜を持つため、輸送小胞を利用しない。*3

*1東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系 佐藤健研究室 研究内容: http://kensato01.c.u-tokyo.ac.jp/~kensato/research.html
*2東京大学大学院 農学生命科学研究科 微生物学研究室: http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/Lab_Microbiology/studiesfile/stuPTransfile/naiyou3.html
*3京都府立大学大学院生命環境科学研究科 ホスファチジルイノシトール3,5二リン酸生成酵素FAB1による植物エンドソームの成熟機構の解明: http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?frmId=4627

ご意見・ご要望をお聞かせください。


輸送小胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-04-19 (木) 09:39:13