健康用語WEB事典

進化(evolution)

ある生物種の個体が遺伝子突然変異を起こしたことによって新たに手に入れた形質が、生存に有利なものであったために種全体に広まっていき、その生物種全体の形質が変化すること。

進化を科学的に定義すると「ある遺伝子突然変異が生じた個体が、その集団全体に広まる現象」となる。たとえば、キリンのはもとから長かったのではなく、いろいろなの長さのものが出てきたなかで、の長いほうが木の上の葉を食べるのに有利だったので「首を長くする遺伝子」が、集団内に広まっていったと考えられる。*1

*1技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


進化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:41