健康用語WEB事典

進行性骨化性線維異形成症(fibrodysplasia ossificans progressiva : FOP)

遺伝性の骨系統疾患のひとつ。全身の筋肉および筋肉周囲の靱帯などの組織異所性骨化が起き、徐々に硬くなってに変わる疾患。発症は200万人に1人程度とされる。優性遺伝子による遺伝病とされるが、実際に遺伝による発症した例は稀とされる。*1*2

ACVR1突然変異アクチビンAの刺激が加わることで、BMPによる異常な形成シグナルが伝わり、通常はにならない組織骨化が生じる。ENPP2mTORがこの骨化に関わることが報告されている。

この進行を阻害する薬剤ラパマイシン*3

*1難病情報センター | 進行性骨化性線維異形成症(FOP)(指定難病272): http://www.nanbyou.or.jp/entry/54
*2京都大学 iPS 細胞研究所(CiRA) 大日本住友製薬株式会社 FOP における骨化を抑える方法の発見 〜FOP の異所性骨形成のシグナル伝達メカニズムの解明〜: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/documents/170801_1/01.pdf
*3iPS細胞を用いたヒト体節発生のモデル化と進行性骨化性線維異形成症の病態解析|ニュース|ニュース・イベント|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所: http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/180824-170000.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


進行性骨化性線維異形成症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:41