運動療法

運動をすることによって病気の症状を予防・改善する治療法。薬物療法と並び重要な治療法である。

運動をすると血流が良くなり血管の内皮が刺激されます。そのとき内皮細胞から一酸化窒素が発生し、その作用で血管が拡張して血圧が下がるのです。運動にはストレス軽減や肥満解消の効果もあり、それも血圧を下げます。*1

例えば、脂質異常症に対する運動療法の効果は以下のように説明されている。*2

中等度強度の有酸素運動を毎日30分以上続けることがよいとされる。

*1サイレントキラー 高血圧「血圧を抑える生活習慣」: http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2016/10/1012.html
*2動脈硬化性疾患予防のための 脂質異常症治療のエッセンス: http://dl.med.or.jp/dl-med/jma/region/dyslipi/ess_dyslipi2014.pdf

運動療法に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:42