健康用語WEB事典

還元型チオレドキシン(reduced thioredoxin)

活性中心の2つのシステイン残基間で遊離チオール基を持つチオレドキシン*1

基質ジスルフィド結合還元して自らは酸化型チオレドキシンとなる。

ASK1と結合することでその活性を抑制している。酸化ストレスを受けて細胞質内が酸化になったとき、活性中心にあるシステイン残基酸化されASK1から解離する。その結果、ASK1は自己リン酸化を起こし、アポトーシスを誘導する。

*1京都大学 酸化ストレスとレドックス制御 タンパク質の酸化的修飾と活性調整: http://plaza.umin.ac.jp/j-jabs/32/32.265.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


還元型チオレドキシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-14 (金) 16:40:23