健康用語WEB事典

配糖体(glycoside)

以外の化合物が結合してできる化合物の総称。グリコシドとも呼ばれる。

配糖体を構成するではない部分(配糖体からグリコシルを除いた部分)をアグリコンと呼ぶ。最も単純な配糖体はO-メチルグルコース?*1

が結合した化合物に溶けやすくなったり、元の化合物より安定性が増大したりといった利点がある。*2

配糖体の種類*3

アグリコンの結合の仕方によって以下のように分類される。

*1徳島文理大学薬学部 生薬研究所第一研究室 H30年度 生物有機化学テキスト 糖の構造と化学的性質: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/2018_Bioorganic%20Chemistry_text.pdf
*2バイオミディア 「切れない」糖修飾をつくる酵素 田口悟朗: https://www.sbj.or.jp/sbj/sbj_vol93_no01.html
*3信州大学繊維学部 田口研究室 植物のC-配糖化酵素の研究: http://fiber.shinshu-u.ac.jp/taguchi/kenkyu/CGT.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


配糖体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-10 (日) 15:14:31