健康用語WEB事典

酢酸-マロン酸経路(acetate-malonate pathway)

植物が行う、グルコースを原料としてポリケチドを代表とする様々な化合物生合成経路。*1

酢酸-マロン酸経路では、ポリケチドと総称される炭素数が偶数で直鎖骨格をもつ脂肪酸脂肪族アルコールプロスタグランディン類、ポリアセチレン類、アントラキノン類、フロログルシンなど一部のフェノール化合物、一部のアミノ酸などが作られる。*2

*1薬としての天然物 石黒京子 シラバス参照: http://www.mukogawa-u.ac.jp/~kyoumuka/syllabus/2008/html/114200510.html
*2中村学園大学学術リポジトリ マカ(Lepidium meyenii WALP)の成分分析法について 治京玉記: https://nakamura-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=310&item_no=1&page_id=13&block_id=17

ご意見・ご要望をお聞かせください。


酢酸-マロン酸経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-01-13 (土) 08:25:11