健康用語WEB事典

酸化マグネシウム(magnesium oxide)

マグネシウム酸化物分子式は MgO

胃酸中和便通改善、尿路結石予防などの作用があり散剤として使用される。

緩下剤として用いられる。商品名はマグラックス経口摂取した酸化マグネシウムは胃酸によって中和され塩化マグネシウムとなり、さらに腸液によって炭酸マグネシウムに変化する。

マグネシウムイオン腸管内でほとんど吸収されないため、腸管内の浸透圧を変化させて水分が腸管内に移動する。その結果、内容物の変化が起き、その刺激によって蠕動が強くなる。*1

カルシウムを含む食品との併用は避けることが望まれる。副作用下痢*2

*1薬物相互作用(13―下剤の薬物相互作用)岡山大学医学部・歯学部附属病院 薬剤部 横張英子 岡崎昌利 千堂年昭: https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma/120/2/120_2_223/_pdf
*2旭川医科大学病院 薬剤部 医薬品情報データベース 酸化マグネシウム: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/2/2344002X1217.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


酸化マグネシウムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-01-23 (火) 21:29:32