健康用語WEB事典

酸化型グルタチオン(oxidized glutathione : GSSG)

細胞内の還元型グルタチオンGSH)が活性酸素種に電子を与えてフリーラジカルを消去した後に二量体(2分子グルタチオンの結合体)に変化したもの。グルタチオンジスルフィドとも。*1

酸化型グルタチオンの化学構造

酸化型グルタチオンはグルタチオンレダクターゼによってNADPHの電子を供与されることで還元型グルタチオンに戻る。

*1消化管型グルタチオンペルオキシダーゼの生物学的特徴とC型肝炎ウイルス感染における臨床的意義(総説) 小松博義 文京学院大学 保健医療技術学部 臨床検査学科: https://www.u-bunkyo.ac.jp/center/library/image/p01-09.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


酸化型グルタチオンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileglutathione_disulfide.png 閲覧数 17回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-14 (木) 16:25:28