酸化発酵(oxidative fermentation)

空気中の酸素を消費しながら行う発酵細菌ペリプラズムで行われる。*1

酢酸菌は、酸化発酵によって自身に有利な環境を作り出すとされる。

酢酸菌は特定のアルコールを利用しにくい糖酸有機酸)に急速に酸化変換し、培地中に高濃度に蓄積することができます。この「酸化発酵」と呼ばれる反応は、共存する微生物種によるアルコールの利用を妨害すると同時に、それら微生物の生存に不向きな (有害な)有機酸の蓄積と低pH環境をもたらします。*2

*1発酵化学教育分野(阿野研究室): http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~hakko/research_OxiFerm.html
*2山口大学農学部 生物機能科学科 応用微生物学研究室 酸化発酵の生理学的研究とその産業利用: http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~oubi/sub.html

酸化発酵に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-01-21 (月) 11:48:58