酸素欠乏症(oxygen deficiency)

酸素濃度が低い気体を吸い込むことで起こる酸欠。危険な状態になるまで自覚症状が現れない。

確保すべき最低酸素濃度は常圧で18%(通常の空気は21%)とされる。

酸素濃度が著しく低下した空気(16%以下)を1回でも吸い込むと肺胞酸素二酸化炭素の交換ができなくなり、さらに空気を取り込む反射呼吸?が繰り返されて血液中の酸素濃度がどんどん低下していき、大変危険な状態に陥ります。*1

*1大阪大学核物理研究センター 安全衛生管理室 酸素欠乏のおそれのある作業: http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/Divisions/safety/safety%20guidebook/Oxygen_2015.pdf

酸素欠乏症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-06 (金) 10:03:38