健康用語WEB事典

重症敗血症(severe sepsis)

敗血症の分類のひとつ。敗血症の中で、機能障害や意識障害などの臓器障害や低血圧などを合併するもの。重症化すると敗血症性ショックと呼ばれる。*1

細菌ウイルスなどの病原体感染により全身の炎症が起こり、38度以上の発熱あるいは36度以下の低体温頻脈頻呼吸白血球増多あるいは減少などの症状を示す病態を「敗血症」、さらに出血傾向血圧低下、尿量減少、黄疸など臓器不全を伴うものを「重症敗血症」と呼ぶ。*2

*1当センターの重症敗血症治療について|日本医科大学多摩永山病院: http://www.nms.ac.jp/tama-h/section/er/sepsis.html
*2病原体の排除に関わるペントラキシン3の敗血症への効果を発見―細胞外ヒストンの血管傷害を抑制― | 東京大学: https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/p01_260917.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


重症敗血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-09-08 (土) 12:12:39