重粒子線治療(heavy ion therapy)

粒子線治療のひとつ。炭素の原子核を患部に照射する。

X線陽子線が効きにくいがんにも効果があり、早期の肺がんでは1回の照射で手術と同程度の効果が得られる。*1

*1中央公論新社 中川恵一 知れば怖くない 本当のがんの話 (2017/1/15)

重粒子線治療に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:49