健康用語WEB事典

錐体外路症状(extrapyramidal symptoms : EPS)

錐体外路の障害によって生じる身体運動の異常(不随意運動障害)。線条体ドーパミンD2受容体を遮断する抗精神病薬副作用パーキンソン病黒質-線条体ドーパミン神経系の変性)の中核症状として発現する。*1*2

主な症状には無動筋固縮振戦、姿勢反射障害がある。パーキンソニズム遅発性ジスキネジアアカシジアなど。

5-HT1A受容体作動薬によって副作用による錐体外路障害を軽減できる可能性が示唆されている。

*1薬の副作用について イル ボスコ 東邦大学医学部精神神経医学講座: https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/mentalhealth/mental/about_medicine/side_effect.html
*2大阪薬科大学報69: https://www.oups.ac.jp/about/j3d5l400000007kn-att/gakuhou_no69.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


錐体外路症状に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-24 (金) 08:58:33