間欠跛行(Intermittent claudication)

歩行障害の一つ。歩くとに痛みや痺れなどが発生するが、休むと痛みがなくなり、再び歩けるようになるということが繰り返される症状。間欠性跛行とも。

立つことで脊柱管が狭まり神経への圧迫が強くなるが、座ってを丸くすることで脊柱管が広がって圧迫が弱くなるために起こる。腰部脊柱管狭窄症閉塞性動脈硬化症で見られる。*1

乳母車を押したり杖をついて歩く、自転車に乗るなどでは痛みが現れないことがある。

間欠跛行の薬物療法

抗血小板薬

その他

間欠跛行の運動療法

*1日東書院本社 久野木順一 図解・坐骨神経痛がよくわかる最新治療と正しい知識 2012/10/20

間欠跛行に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-21 (月) 08:28:06