間葉系幹細胞(mesenchymal stem cell : MSC)

骨髄に存在する幹細胞体性幹細胞)のひとつ。骨芽細胞軟骨などの骨組織軟骨芽細胞)、脂肪脂肪前駆細胞)、神経細胞血管内皮細胞肝細胞など様々な細胞分化できることが報告されており、再生医療への応用が期待されている。*1*2

CCL2CCL5などのケモカインを産生する。*3

間葉系幹細胞は、発生過程で中胚葉から分化する脂肪にすることができ、その上、成人の骨髄脂肪組織歯髄などから比較的容易に得ることができます。これまでの研究で、間葉系幹細胞は中胚葉系の骨芽細胞脂肪細胞筋細胞軟骨細胞などだけではなく内胚葉系の内臓組織外胚葉系の神経などの細胞にも分化する能力を持つことがわかりました。*4

*1シリーズ 再生医療 骨再生医療 大串始: http://www.naramed-u.ac.jp/~bioch/Saiseiiryou.pdf
*2メカニカルストレスによって細胞分化や免疫応答を調節する - 鹿児島大学 歯学部: http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/research/results/topics/114-2015-03-25-14-46-56.html
*3CCR2-dependentrecruitment of macrophages by tumor-educated mesenchymal stromal cells promotes tumor development and is mimicked by TNFα - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2012/20130325_01.html
*4間葉系幹細胞の利用価値 | 幹細胞情報データベースプロジェクトSKIP (Stemcell Knowledge & Information Portal): https://www.skip.med.keio.ac.jp/knowledge/basic/mesenchymal/

間葉系幹細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-09 (木) 11:44:27