健康用語WEB事典

隔絶抗原(sequestered antigen)

通常は免疫の対象とならないために免疫寛容ではなく、抗原性を持つ体内の成分のこと。自己の成分であるにもかかわらず異物と認識される。

水晶体タンパク質睾丸内の一部などは、普通、生涯に渡って免疫細胞と接することがないため、隔絶抗原となり得る。*1

内分泌組織神経組織は、免疫系から隔離された位置に存在している。このような臓器が外傷や感染などで傷害を受け、リンパ球がその部分に到達できるようになったり、その抗原が漏れだしてリンパ組織に到達したりすると、その抗原に対して抗体が作られたり、細胞障害性T細胞が反応を起こしたりする。*2

タグ: 免疫 抗原

*1技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2京都大学数理解析研究所 - 講究録 Kôkyûroku - 自己免疫疾患モデル: http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/kokyuroku/contents/pdf/1551-30.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


隔絶抗原に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:55