健康用語WEB事典

電気陰性度(electronegativity)

分子内の原子電子を引きつける強さ。*1

元素の周期表において電気陰性度は、

  • 同族の元素(列)では表の上ほど原子半径が小さく、最外殻電子?原子核に引き付けられやすいため大きくなる
  • 同周期の元素(行)では表の右ほど原子核電荷が強くなるため大きくなる

したがって、フッ素が最も電気陰性度が大きい元素となる。

各元素の電気陰性度

金属元素(太枠内)は金属元素よりも電気陰性度が高くなる。第18族元素(希ガス)には電気陰性度は与えられていない。

各元素の電気陰性度を表記した周期表

結合している2つの原子の電気陰性度の差が1.7以上であればイオン結合であると言える。

*1大阪電気通信大学 電気陰性度 (electric negative degree) 神谷光治: http://oweb1.osakac.ac.jp/labs/matsuura/japanese/lecture/semicondic/ta/ta999.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


電気陰性度に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileperiodic_table.png 閲覧数 2447回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-28 (水) 09:07:47