静止膜電位(resting membrane potential)

神経細胞細胞膜内外のイオンによって生じる、刺激が与えられていない時の膜電位

通常、神経細胞の外側は血液体液の主なイオンであるナトリウムイオン(Na+)の濃度が高く、内側はカリウムイオン(K+)の濃度が高い状態に保たれている。

細胞膜には、これらのイオンを通す膜タンパク質イオンチャンネル)があり、細胞の中は約 -60mV で安定している(-90 〜 -70mV程度とも)。*1*2*3

*1技術評論社 東京薬科大学 生命科学部 工藤佳久 都波幹夫 生命科学がわかる
*2第3章 細胞膜と活動電位の発生: http://www.mech.hirosaki-u.ac.jp/~sagawa/2011/class/seitai/chap3.pdf
*3カリウムチャネル総論: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/pharma2/research/summary/summary/Kchannels.html

静止膜電位に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-20 (火) 09:59:01