静脈瘤

静脈内に血液が逆流して貯まることで、その一部が膨らんで皮膚の表面に浮き上がって見えるようになる症状。下肢静脈瘤など。*1

静脈弁の異常などによって静脈の流れが滞ることで起こる。症状の進行は遅く、数10年経って大きくなる程度である。

女性の場合、妊娠や出産を期に軽い静脈瘤が現れる場合がある(二次性静脈瘤)。立ち仕事の多い人なども深部静脈の圧が高くなるために弁が壊れやすく、静脈瘤になりやすいとされる。*2

静脈瘤の原因*3

*1東京医科歯科大学 血管外科 下肢静脈瘤: http://www.tmd.ac.jp/med/srg1/sinryo_va02.html
*2静脈瘤について: http://www.kochi-ms.ac.jp/~fm_srgr2/zyoumyakuryuu.html
*3静脈瘤 福島第一病院 臓血管病センター 小川 智弘: http://square.umin.ac.jp/jscvs/jpn/manuscripts2/3.html

静脈瘤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:57